レフコメディア

2016.4.5(Tue)

お風呂でダイエット!痩せやすい身体が作れるって知ってた?

refco_eye_bath

女性のみなさん!お風呂は好きですか?一日の疲れをリセットできる最高のリフレッシュタイムですよね。
しかし!「冬はお風呂に浸かるけど、夏はシャワーで済ませてしまう…」

という習慣に当てはまる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。実はお風呂に浸かることはダイエットに、そして体にとって良いことづくしなのです。
今回は、お風呂に浸かることによる体への効果についてご紹介していきます。

お風呂に浸かるの、めんどくさがっていませんか?

お風呂が身体にとって良い理由は、汗と一緒に毒素が排出されることで代謝が上がり、デトックスしやすい体質づくりに役立つからです。

現代の食生活では、身体に入る毒素の量が多すぎる傾向にあるので、肝機能だけでは処理能力を超えてしまっている可能性があるのだとか。毒素は脂肪と結びつく性質があるので、毒素が溜まると燃えにくい脂肪が生まれてしまい、結果太りやすい身体になってしまうのです。

体の芯から温まって汗をかく入浴は、体全体の血流を改善し基礎代謝量をアップさせる効果も期待できます。
お風呂に入る習慣をつけることで、徐々に痩せやすい体質=脂肪を効率よく燃やせる体につながるというわけです。

どんな入浴法があるの?

refco-bath3

せっかくお風呂に浸かるなら、同じ時間でも効果的な入浴法を試したいですよね。
効果別、目的別にこんな入浴法をご紹介します。

・高温反復法
お湯の温度は、41~43度の熱めに設定してください。

(1)掛かり湯
この入浴法の場合、お湯が熱いため一気に浸からないようにしましょう。必ず体を慣らしてからでないと、心臓に負担がかかってしまいます。
(2)1度目の入浴
ゆっくりと肩までお湯に入り、2.3分浸かります。
(3)休憩
一旦湯船から出て、約5分休憩します。この間に髪の毛か体のどちらかを洗っておくと良いでしょう。
(4)2.3回繰り返す
再び2.3分入浴し5分休憩、そして最後は5分程度ゆっくり入浴します。

これは、「長くお風呂につかっていられない!浸かるのが苦手」という方におすすめ。
この方法で、2か月で7キロ痩せた!なんていう声も多数あります。水圧と温度の2つの負荷が体にかかるため、血液の流れが良くなり新陳代謝が活発になることでダイエット効果も高まるからです。
消費カロリーは1回の入浴で300~400kcal程度になるとされています。

・中温半身浴
39~42度の設定の場合、肩こり解消。37~39度で、眠りの質がアップする効果が。

(1)掛かり湯
体を慣らすために、必ずかかり湯は心掛けてください。
(2)入浴
初めは、15~20分ほど入浴します。音楽を聞いたり読書をすると、飽きずに入浴できます。
(3)休憩
一度湯船から出て、最低10分ほど時間を取りましょう。ここで体を洗っておくといいですね。
(4)お好みで入浴
もう一度湯船につかります。今度は自分の好きな時間だけ入ってOKです。

この入浴法は、お風呂や半身浴が好きという方におすすめです。
これは、温度によって効果が違ってきます。入浴することで、代謝がアップしダイエット効果を促しながらも、肩こりや良質な睡眠に効果大なのです。

特に、寝つきが悪いというお悩みをお持ちの方。人は、体温が下がるときに眠りにつくとぐっすり眠れると言われているので、身体を温めすぎない38度前後で入浴するのが効果抜群。

refco_bath2

・正座入浴法
お湯は38~40度に設定します。

(1)掛かり湯
体を慣らすために、必ずかかり湯は心掛けてください。
(2)湯船につかる
浸かっている間、以下の手順で正座をして下さい。
湯船の中で立て膝の状態になり、両膝と両足のかかとをしっかりくっつける
※つま先は軽く開いておきましょう
手順1の状態のまま腰を下ろし、かかとの上にお尻をのせる
手順2の状態を約90秒キープする
※90秒の間、必ずかかとを離さないようにしましょう
90秒経ったら姿勢を崩して楽な姿勢になる

このやり方は、普段の入浴に、少し作業をプラスするだけなので、気軽に試せます。
正座入浴法の効果は、ふくらはぎを加圧して体が温まる、汗が出やすくなって美容効果も高まる、骨盤の歪みをとってポッコリお腹を解消、といったものが挙げられます。

ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれていることをご存知ですか?ふくらはぎが加圧されると実は体が温まりやすくなるのです。そして、正座をすることで骨盤がバランスよく安定するため、内臓の位置が元に戻ってポッコリお腹が解消されるという好循環。やって特しかない入浴法ですね。

お風呂で食欲減退

女性のみなさんは、生理前など自分では抑えられない食欲に悩む時期がありますよね。そんな時に朗報です。

実は、食欲減退には、食事前の入浴が効果大!内臓に血液が集まっていると、胃腸が活発になり、お腹が空きやすくなってしまいます。お風呂に入って体が温まると、体全体に血液が循環します。血液が皮膚に行き渡ることで、胃腸の働きが鎮まり、食欲を減退してくれる可能性があるのです。

半身浴の効果を高めるアイテム

入浴の効果をより高めるアイテム、それは「塩」です。どこの家にもあるものなので、わざわざ買う必要もないところが良いですね。
refco-bath1
気になるその効果はこちら。

・保温効果があり、普通のお湯よりも温かくする力がある
・末梢血管の血流がよくなり、発汗パワーがアップ
・汗の出る時間は、普通のお湯につかった場合より4倍程度早くなる
・古い角質が落ちやすくなりツルツルすべすべ肌に

驚くべき塩効果ですね。ふつうのお湯に50gほど加えるだけでOK。

さいごに

1日の疲れをリセットできるお風呂。ただ身体を洗って済ませるだけではもったいないと思いませんか?疲れだけでなく脂肪も落とせたら最高ですよね。良いことだらけのお風呂タイム。みなさん、ぜひ試してみてくださいね。

人気の記事