ドローインとブレーシングで腹圧を高めよう! | レフコメディア

レフコメディア

2022.12.14(Wed)

トレーニング

ドローインとブレーシングで腹圧を高めよう!

腹圧について

  • 腹圧とは腹腔内圧の略で腹部にかかる内圧のこと。腹圧をかけることで脊柱が安定し腰を痛めにくくなります。
  • トレーニング中は腹圧をかけるのが基本。
  • ドローインとブレーシングで腹圧の意識を高めましょう。

■ドローイン 腹横筋の意識を高めるために行います。

  • 仰向けになり、膝を立てる。
  • 息を吐きおへそをマットにつけるようなイメージでお腹をへこませる。
  • へこんだ状態をキープしながら呼吸をする。

■ブレーシング

  • 仰向けになり、膝を立てる。
  • 息を吸いお腹の中で風船を膨らませるようなイメージで腹部をふくらませる。
  • お腹がしぼまないように呼吸をする。
  • 360度膨らませるイメージで行うと効果的。
  • ブレーシングをしながら腹筋に力を入れる(あばらを閉める)ことで腹圧が高まる。

腹圧を高めてトレーニングを効果的に行いましょう!