レフコメディア

2017.5.19(Fri)

体幹トレーニングならこの3つ!ダイエットにも◎。インナーマッスルを鍛えて美ボディへ。

refco_0519

夏に向けてダイエットに力を入れているみなさん、体幹(インナーマッスル)のトレーニングをお忘れではないですか?

レフコメディアでも人気の高い体幹のトレーニング記事。
以前の記事、「美しい身体のラインは体幹から!初心者の方におすすめの体幹トレーニング」でもお伝えしたように、体幹のトレーニングは、姿勢の改善や綺麗な身体のラインに近づくこと、また、太りにくくなるといったメリットまであります。

夏はすぐそこです!体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えて基礎代謝をUPさせ、エネルギーの燃焼効果を高めて効率的なダイエットを始めましょう!

今回は、オススメの体幹トレーニングをご紹介します。
それでは早速やってみましょう。

アームアップ

最初にご紹介するのは、アームアップです。アームアップは、腕立て伏せの姿勢から腕をゆっくりと上げていくトレーニング。簡単そうに見えて意外と難しいので、転ばないように重心を置く位置を意識しながら行いましょう。

やり方

1.目線を下げ、腕立て伏せの姿勢になります。
このとき、膝が曲がらないように気をつけてください。

refco0519_1

2.そのままゆっくりと右手を上げ、その状態で5秒キープします。

refco0519_2

3.左手も同じように行います。
4.左右5セットずつ行いましょう。

ポイントは、手を上げたときに身体のラインが一直線になるように意識し、
左右に傾かないようにすることです。わからない場合は、周りの人に身体のラインをチェックしてもらうことをオススメします。指先までピシッと伸ばしましょう。

ハンドニーストレッチ

続いてご紹介するのは、ハンドニーストレッチ。足を大きく上げる動作によって、お尻の筋肉や背中の筋肉を鍛えることにも繋がります。
後ろ姿を綺麗に魅せたい方にもオススメです!

やり方

1.四つん這いになります。
手は肩幅、膝は骨盤幅に広げましょう。

refco0519_5

2.そのまま右足を上げ、5秒キープします。

refco0519_6

3.左足も同じように行います。
4.左右5セットずつ行いましょう。

足を持ち上げた際に、腰が反らないように気をつけて下さい。無理をして足を高く上げすぎてしまうと、バランスを崩してしまう可能性があります。
カカトをお尻の高さでキープすることで、腰の反りを防ぐことができますよ!

バックブリッジ

最後にご紹介するバックブリッジは、太ももの裏や、お尻を引き締める効果もあります。姿勢改善にも繋がりますので、姿勢が気になるという方はぜひ行ってみてください。

やり方

1.仰向けになります。
このとき、両手は手の平を床に向けて自然に開きます。

refco0519_3

2.下腹に力を入れながらお尻を締め、ゆっくりと持ち上げます。

refco0519_4

3.その状態のまま3秒間キープ。
4.5セット行いましょう。

さいごに

体幹トレーニングは、腹筋にしっかりと力が入っていることを意識しながら行うことが大切です。また、バランス力を鍛えるトレーニングでもあるので、全身の筋肉もしっかりと使いながらバランスを取るように心がけてくださいね!

人気の記事