レフコメディア

2017.10.2(Mon)

体調を崩しやすい季節の変わり目にオススメ。お家で出来る簡単運動で体力アップを目指そう

refco_0929

秋も深まり、心地良い季節になりましたね。

ただ、そんな季節の変わり目に気をつけなければいけないのが、激しい気温差による体調不良。

なんだか最近体調が不安定だったり、疲れやすくなったり…。なんてことはありませんか?

今回は、気温差があっても毎日を元気に過ごすための、お部屋でできる簡単トレーニングをご紹介!ちょっぴりお疲れ気味の方も、静かな動きのトレーニングで徐々に体力をつけ、毎日をイキイキと過ごしていきましょう!

胸のトレーニングは、猫背気味の方にもオススメの背筋をスッと伸ばすトレーニングです。背筋を伸ばすことで、シャキッとした前向きな気持ちへと変化させてくれます。寒さで縮んでしまいがちな身体を温める働きもありますよ♪

デスクワークでPCを見ることが多い方や、スマホの使いすぎによる身体の歪みが気になる方にオススメのトレーニングです。

〈やり方〉

1.身体の後ろで両手を組みます。

refco09029_03

2.ゆっくりと息を吐きながら組んだ手を斜め下に引きましょう。
3.顎を上に向け更に胸をグッと開きます。

refco09029_04

※大きく、深い呼吸を繰り返しながら30秒程キープします。

背中

続いてご紹介するのは背中のトレーニング。意外に脂肪がつきやすく、痩せることがなかなか難しい背中の脂肪を徐々にスリムにしていきます。
身体にフィットしたお洋服を綺麗に着こなしたい方はぜひ♪

背中を鍛えることは、ポッコリお腹の解消にも役立ち、また深い呼吸を繰り返すことで、溜まった疲れを癒すリラックス効果も。身体の中でも重要なパーツとなる背中の筋肉を鍛えて、姿勢美人&疲れ知らずの体質を目指していきましょう。

〈やり方〉

1.身体の前で両手を組みます。

2.息を吐きながら手をぐっと身体の前に。

refco09029_07

※肘は軽く曲がった状態をキープし、身体の前で大きなボールを抱えるようなイメージを持つとgood!
※目線をオヘソにもっていくよう、意識しましょう。
※大きな呼吸を繰り返しながら30秒程キープします。

お腹

こちらはお腹のトレーニング。お腹を鍛えると、胃腸の働きが活発になり、食事の消化吸収がスムーズになって、ガンコな便秘の解消・予防にも役立ちます。

上体をグッと持ち上げ、キープするお腹のトレーニングは、筋肉を伸ばす働きで溜まった疲れをリセットしたり、滞りがちな血行を促進したりするので、冷えの解消にもgood!
腰への負担が気になる人は、無理をせず、できるところまで上体を上げて徐々に身体を慣らしていきましょう。

〈やり方〉

1. うつ伏せの状態になります。

2.息を吐きながら、手のひらで床を押すようにして上体を持ち上げます。

refco09029_02

※腰に不安がある方は上体の持ち上げ過ぎに注意しましょう。
※顎を上げ目線を少し上げます。
※大きな呼吸を繰り返しながら30秒程キープしましょう。

こちらは足のトレーニング。片足ずつ丁寧にトレーニングするので、ふくらはぎ・太もものシェイプアップにも役立ち、足の疲れを一緒に改善する効果を実感できます。足をヒップに向けて持ち上げるトレーニングなので、形が良く、適度にボリューム感のあるヒップラインを叶えることもできますよ♪
腰痛の改善や足に溜まった余分な水分をデトックスする作用でむくみの解消にも役立ちます。

〈やり方〉

1.身体の左側を床につけて横になります。

refco09029_05

2.右足の甲を持ち、右足踵をお尻に近づけるようにして膝を曲げていきましょう。

※踵がお尻につかない場合は無理をしないこと。
※両膝が常についた状態をキープしましょう。
※大きな呼吸を繰り返しながら30秒程キープします。
※身体の向きを入れ替えて反対の足も同様に行ないましょう。

さいごに

いかがでしたか?
季節の変わり目の気温差による体調不良にも、やっぱりトレーニングが有効!何気なく過ごしているライフスタイルに、ご紹介したトレーニングの習慣をプラスして、元気でイキイキとした毎日をお送りくださいね。

人気の記事