レフコメディア

2017.8.8(Tue)

ストレスを感じたら、リラックスヨガで心穏やかに。今すぐ行いたいリラックスヨガポーズ特集

refco_0804

みなさんは、ヨガに対してどのようなイメージをお持ちですか?健康維持やダイエットなど、多くの方は「身体に良いアプローチができる」という認識をお持ちかもしれません。

意外と知られていませんが、ヨガの効果には、しなやかなボディラインを作るだけではなく、心を安定させたり、日頃のストレスを解消したりする効果があるのです。

身体の不調や肌荒れにも繋がってしまうストレスは、できるだけ解消して過ごしたいもの。

そこで今回は、毎日を忙しく過ごすみなさんのストレスを緩和させ、身体も心もリフレッシュできる3つの効果的なヨガをご紹介します。

ヨガはジムに行かなくてもお家でできるので、家事や育児などでお疲れのお母さんたちも、ぜひトライしてくださいね!

バラドヴァジャアーサナ

初めにご紹介するバラドヴァジャアーサナというヨガは、ヨガポーズの中で最もリフレッシュ効果が高いポーズの中の一つとして知られています。胸をグッと開き、背筋をピンと伸ばす姿勢が、メンタル面を安定させ、集中力を高めてくれる効果も期待できるのです。
バラドヴァジャアーサナのポーズは脇腹や体幹の筋肉を程よく刺激してくれるため、お腹やウエストラインのたるみを引き締める効果もあります。

〈やり方〉

1.両膝を曲げて座り、曲げた両膝を左側へ置きます。お尻の右側に体重を乗せましょう。両足は左腰の外側に、左足首は右足の土踏まずの上に置きましょう。

refco0804_05

2.息を大きくゆっくりと吸いながら背筋を長く保つように伸ばします。息を吐きながら上半身を右へゆっくりとねじりましょう。

refco0804_06

※お尻は床につけた状態をキープか、または、できる限り床に近づけておくことがポイントです。
3.左手を右膝の下に入れてから、右手は左腰の脇へおき、更に右へグッとねじります。
※このときの目線は、ねじる方向へもっていきましょう。
※30秒キープを2セット目安に行なった後、反対も同じ様に行ないます。

ウッタナ・シショアーサナ

続いてご紹介するウッタナ・シショアーサナというポーズは、女性に多く見られる便秘や宿便の解消効果があります。ネコが伸びた姿のようなこのヨガポーズは、胸・お腹などの上半身を開いてグッと伸ばすため、内臓の機能を活発にしたり、背中や腰の重み、だるさをなくしたりする効果があります。全身の血流を良くすることで、身体が軽くなり、気持ちも明るくなります。

〈やり方〉

1.肩の真下に手のひら、腰の真下に膝がくるようにして四つん這いになります。

refco0804_01

2.手を手のひら一つ分前におき、息を吐きながらお尻をカカトのほうへ半分だけ動かします。
3.額を床につけるようにし、リラックスしましょう。腰のなだらかなカーブをキープするようなイメージで行ってください。

refco0804_02

※両手を下に押して両腕を伸ばし、腰をカカトのほうへ引きます。
※30秒キープを3セット目安にトライしてみましょう。

スカアーサナ

最後にご紹介するスカアーサナというポーズは、瞑想を行うときにも大切な、基本となるヨガポーズです。身体面では腹筋や背筋の強化、メンタル面ではリラックスさせ、心を休ませる働きがあります。スカアーサナは、ヨガを始める時に、最初に行うポーズとしてもおすすめ!
気持ちを落ち着かせたり、イライラをリセットさせたりする効果もあるからです。
スカアーサナは疲れや怒りなどのネガティブな気持ちをリセットしたいときにもピッタリのヨガポーズですよ♪

〈やり方〉

refco0804_03

1.両膝を伸ばして座ります。脛を交差させ、両膝を広げて、それぞれの足を反対側の膝の下に入れてから、膝を曲げて両足を胴体の方へ折り曲げます。
2.両足をリラックスさせ、足の外側は心地良いと感じるように床の上にそっと置きます。土踏まずが反対側の脛の真下に収まっているようにしましょう。
3.手のひらを上向きにして両手を両足の上に置きます。

refco0804_04

※尾骨を床のほうへ伸ばし、胸をグッと引き上げるようにしながら姿勢を安定させましょう。
※1分~1分半を目安にトライしてみましょう。

さいごに

いかがでしたか?嫌なことがあった日には、リラックスヨガで心をリフレッシュ。
さっそくご紹介したヨガを取り入れて、ストレスフリーのステキな毎日を送ることができるよう、応援しています!

人気の記事