スマートウォッチを使って体調管理 | レフコメディア

レフコメディア

2022.10.8(Sat)

美容・健康

スマートウォッチを使って体調管理

皆さんこんばんは、高松店の三好です

秋らしくなってきましたね。このまますぐに寒くなってきそうな気もしています。

この歳になってくると寒暖差に体がついていかなくなってきました。

 

今日は最近アップルウォッチ等でも測定できる血中酸素濃度についてふれたいと思います。

血中酸素濃度とは血液中の酸素の量の事でSpO2と呼ばれています。値は%で表します。血液中の酸素の濃度が満タンだと100%、正常値で99~96%と言われています。

この数値が低いとめまい、衰弱、嘔吐を引き起こす可能性があるようです。

上げるには吸入する酸素濃度を上げることや意図的に深呼吸をすることなどが挙げられます。

この機能を活用して体調管理を行うとともに、いつもの正常値を知ることや少し調子が思わしくない時など確認してみてください。