レフコメディア

2017.5.26(Fri)

【太ももの裏】美脚の条件!夏までに脚やせを目指す方必見のトレーニングメニュー①

refco_0524eye

美脚トレーニングとひと言に言っても、その種類は様々。

脚やせを目指しているみなさん、
脚をパーツごとに分け、それぞれの部位に効くトレーニングを行っていますか?

夏に向けて徹底的に美脚を目指したいという方のために、
今回から、脚の部位別にトレーニング方法をご紹介します。

今回のテーマは、「太ももの裏」。
自分では見えない部分なので、脂肪がついても気付きにくい箇所ですよね。

でも、後ろからみてキュッと引き締まった太ももは、まさに美脚の象徴。
今日からは、太ももの裏側もしっかりとトレーニングしていきましょう!

ランジ

ランジは、太ももの裏以外にもお尻や下半身全体の筋肉にも効果的なトレーニングです。ダンベルなどを利用し負荷をかけてトレーニングすることもできます。

やり方

1.右足を前、左足を後ろにし、脚を大きく開きます。

refco0526_4

2.ゆっくりと息を吐きながら、重心をお尻に乗せるようにして上体を落としていきます。
常に右足の膝がつま先よりも後ろにくるように意識してください。

refco0526_5

3.息を吸いながらスタート位置に戻ります。
4.15回を3セット。その後、左右を入れ替えて15回×3セット行いましょう。

太もも浮かし

太もも浮かしも、お尻の筋肉を鍛えるのに効果的なトレーニングの一つです。
一緒にヒップアップも目指しましょう!

やり方

1.うつ伏せになり、脚を肩幅に広げます。

refco0526_6

2.息を吐きながら脚を持ち上げます。
このとき、太ももの裏とお尻にしっかりと力が入っていることを意識してください。

refco0526_7

3.上げた状態で、30秒キープを3セット行いましょう。

ふくらはぎやつま先に力を入れてしまうと、太ももがうまく浮かないので、無理なく上げた状態をキープするようなイメージで行ってくださいね♪最初は数cm浮く程度でOKです!

ヒップリフト

腰の筋肉も鍛えることができるヒップリフト。また、体幹トレーニングにも効果的ですよ。

やり方

1.仰向けになります。
2.脚を骨盤幅に広げ、両手は手の平を床に向けて自然に開きます。

refco0526_1

3.息を吐きながらお尻を持ち上げます。
このとき、膝と腰が一直線になるように意識しましょう。
4.「3」の状態から右足を上げ、膝を伸ばしていきます。
5.このとき、つま先・膝・腰が一直線になるように意識してください。

refco0526_2

6.その状態で30秒キープを3セット行いましょう。
左右入れ替え、同じように30秒キープを3セット行ってください。

お尻を上げるという簡単なトレーニングだからこそ、お尻を上げきったら一度停止するなど、一つ一つの動作を丁寧に行ってくださいね♪

さいごに

今回は、太ももの裏のトレーニング方法をご紹介しました。
太ももの裏はなかなか鍛えにくく、特にデスクワークで椅子に長時間座っているという方は、血液の流れも滞りやすくなってしまうので、定期的に運動することが大切です。

ぜひ、お仕事終わりにトライしてみてくださいね♪

次回は、脚の「外側」を鍛えるトレーニングをご紹介します。
こちらも美脚作りには欠かせないトレーニングです。お楽しみに!

人気の記事